楽天市場「カンテ」
楽天市場「ダリオ・プリンチッチ」
楽天市場「ラディコン」
------
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」

- Recommended -

1998 Charmes-Chambertin Grand Cru
Domaine Camus Père & Fils生産者ワインリスト

Charmes-Chambertin Grand Cru

マゾワイエール・シャンベルタンに隣接するグラン・クリュですが、元々が同一栽培区画ということもあり(リュー・ディとしてはオー・シャルムとマゾワイエール・ウ・シャルムに別れる)、ほとんどのマゾワイエールは単純にシャルムとして出荷されています。カミュについてはシャルムとマゾワイエールを分けて造っているので、両者のテロワールの違いを知りたい場合に最適だと言えそうです。

ヴィンテージは異なりますが、同じカミュのマゾワイエールとはまた違った指向性を兼ね備えているのが印象的です。シャルムは柔らかい資質ながらも、よりボリュームある体躯を持ち、果実味は一歩奥に下がったところに位置しています。相対的にはポテンシャル系(若干陰な傾向)の要素が強めで、現状でも抜栓後翌日以降の方が明確な表情を打ち出す傾向にあります。酸や果実に若干退廃的な資質が垣間見られますが、特にネガティブな指向性ではないのでそう問題にはならないと思います。マゾワイエールに感じられた甘旨味はかなり控えめですが、抜栓数日でじわじわと表出する傾向にあったので、決して内包していないわけではありません(要はバランスの問題)。

直接的な比較した場合は、2000年のマゾワイエールの方がわかりやすい魅力を有しているのでお薦めしやすいのですが、このシャルムも全要素の総量としては同等の水準にあるので、最終的には飲み手の好みの差によって吸収できる範囲と言えるかもしれません。
(2015/01)

参考市場価格:5,698円〜9,072円(平均約7,077円)
点数評価:--

ホーム > フランス > ブルゴーニュ > コート・ド・ニュイ > ジュヴレ・シャンベルタン > シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ
Home > France > Bourgogne > Cote de Nuits > Gevrey-Chambertin > Charmes-Chambertin Grand Cru