楽天市場「ジュヴレ・シャンベルタン」
楽天市場「ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ」
楽天市場「ドゥエマーニ」
------
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」
ワシントンの雄「Kヴィントナーズ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
偉大なる王のワイン「バローロ」
完全なるテロワールの表現「ジャクソン」

- Good Quality -

2010 Brunello di Montalcino Pianrosso
Ciacci Piccolomini d'Aragona生産者ワインリスト

Brunello di Montalcino Pianrosso

最高のヴィンテージのみ造られる、優れたテロワールを有する単一畑のブルネッロがこの「ピアンロッソ(別途、上級のリゼルヴァもあり)」。世間を賑わせた偉大な2010年ということもあり、非常に高い市場評価を得ています。

生産地区は最南端ですが、標高240〜360mにあるピアンロッソの畑のテロワールもあってか、スタンダードのブルネッロのような熟した果実を主体としたスタイルとはやや趣が異なります。しっかりとしたアルコールと、熟度の高い果実によって構築された土台は一定の存在感を示していますが、基本的には明確な酸が主体となっているような印象でもあります。また、熟成が期待できる偉大なヴィンテージであることとは裏腹に、現時点で既に果実にある程度の熟成感が伴い、全体的にはオレンジのニュアンスを感じる退廃系の資質を有しているということもあって、今から素直に楽しめる反面、偉大さや訴求力という点についてはやや控えめな傾向にあります。

1年違いのスタンダードブルネッロとは異なり、既に各要素が解れ一体感も出ている印象で、酸や表層のゴワつきもかなり低減されているので全体像としては概ね好印象です。気になる点としては、偉大なヴィンテージに伴う世間の高評価と実像の差、そしてその高評価に伴う価格の上昇といったところなので、この辺りが特に問題にならなければ相応の満足感が得られると思います。
(2017/05)

参考市場価格:7,970円~10,670円
点数評価:98(JS)、97(WA)、96(LG)、95(WE)、94(WS)

ホーム > イタリア > トスカーナ > モンタルチーノ > ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ ピアンロッソ
Home > Italy > Toscana > Montalcino > Brunello di Montalcino Pianrosso