楽天市場「大沢ワインズ」
楽天市場「ロゼワイン」
楽天市場「ホルヘ・オルドネス」
------
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
特別特集「モレ・サン・ドニ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」
樽使いの魔術師「ヴィルマール」

- Good Quality -

2013 Sato Central Otago Pinot Noir L'Insolite
Sato Wines Ltd生産者ワインリスト

Sato Central Otago Pinot Noir L'Insolite

佐藤嘉晃、恭子夫妻による小さなプロジェクトとして、2009年に始まったのが「サトウ・ワインズ」。もともとは銀行員だったという異色の経歴の持ち主ですが、転勤先のロンドンでワインに目覚め、ワインを造りたいという思いにかられ、最終的にニュージーランドにたどり着きます。セントラル・オタゴを代表する偉大な生産者「フェルトン・ロード」でキャリアを重ねたこともあり(恭子さんは現在もフェルトン・ロードの栽培に関与)、サトウ・ワインズも同じセントラル・オタゴを拠点としています。

サトウ・ワインズを代表するピノ・ノワールがこの「ランソリット」。フランス語で「変わった」「奇妙な」といった意味を持つランソリットは、スタンダード・キュヴェと同じピサ・テラス・ヴィンヤードの畑から造られますが、スタンダード・キュヴェの全房発酵比率が20%なのに対し、ランソリットは全房発酵100%で造られるという特徴があります(2013年は他に完全除梗のパルティキュリエールも造られている)。熟成は新樽比率20%のフレンチ・オーク・バレルで20ヶ月間。生産本数は僅か1,454本(ボトリングは2015年1月27日)。

非常に希少なランソリットですが、特別な一本といったような格上感のある世界観というよりは、あくまでも他のキュヴェと同質の世界観を共有している傾向にあります(まさにサトウ・ワインズらしいスタイル)。青さは皆無で全房らしいスパイシーで複雑な風味をコアに内包してはいるものの、印象としてはむしろ表層の滑らかさや纏まり感、そして何より豊かなボリュームと純粋な果実味の方がより明確です。体躯内部は微細かつ緻密で、充実した厚みがあり、他のキュヴェと比較すると、よりピノ・ノワールらしい流麗な表情がベースとなっています。また、ポテンシャル要素もやや分があり、翌日に持ち越すと充実した果実味の魅力がより前面に出て、内包する魅力が時間とともに昇華していく傾向にあります。他のキュヴェと同じように、やや揮発系のニュアンスも感じられますが、全体的なパッケージングが良好なこともあってか、特別ネガティブな印象を受けるわけではないので、そこまで気になることはないと思います。
(2018/01)

参考市場価格:9,504円〜10,044円
点数評価:94(WF)

ホーム > ニュージーランド > サトウ ピノ・ノワール ランソリット
Home > New Zealand > Sato Central Otago Pinot Noir L'Insolite