白ワインの聖地「フリウリ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「アルザス」
楽天市場「ニュイ・サン・ジョルジュ」
楽天市場「ヤルデン」
------

- Good Quality -

2017 Greywacke Marlborough Sauvignon Blanc
Greywacke生産者ワインリスト

Greywacke Marlborough Sauvignon Blanc

ニュージーランドのマールボロ地区でいち早くソーヴィニヨン・ブランを見出したとも言われる生産者「クラウディ・ベイ」で、創業以来約25年間チーフ・ワイン・メーカーを勤めた「ケヴィン・ジュッド」が、2009年にスタートさせたブランドがこの「グレイワッキ」。グレイワッキとは、ニュージーランドで一般的な「堆積岩」のことで、「国を代表するワインになりたい」という思いがこの名に込められています。

色調はかなり薄く、グレープフルーツやサッパリとした夏みかんを感じるシトラスの風味の後に、ソーヴィニヨン・ブランらしいグリーン系のハーブ風味が続き、最後に仄かな苦味が伝わります。ニューワールドらしいインパクトのある鮮烈な表情ですが、その反面、ボディそのものは以前と比較してもかなり軽やかで、どこか日本のワインと共通するような、水流のような淡さを感じます。

翌日に持ち越すと、薄めだったボディにボリュームが出始め、全体的な世界観にもより一層の纏まりが出てきます。バランスは終始取れていて、技術的にも完成されたワインということもあり、特に大きな問題点はありませんが、逆にいうと技術的側面が色濃い傾向にあるとも言えるので、時代の流れや消費者の求めるスタイル、そしてワインメーカーの考えによって、今後も指向性が変化していく可能性がありそうです。
(2019/04)

参考市場価格2,645円〜3,348円(平均約3,063円)
点数評価95(BC)、92(D)、90(WE)、89(WA)

ホーム > ニュージーランド > グレイワッキ ソーヴィニヨン・ブラン
Home > New Zealand > Greywacke Marlborough Sauvignon Blanc

Global Partners