白ワインの聖地「フリウリ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「デイリーワイン」
楽天市場「白ワイン」
楽天市場「ヤルデン」
------

- Very Good Quality -

2014 Etna Rosso Feudo
Girolamo Russo (Azienda Agricola Giuseppe Russo)生産者ワインリスト

Etna Rosso Feudo

ベースにあるのは、先に試飲したア・リナと同様の世界観で、ジローラモ・ルッソらしい滑らかさや瑞々しさ、心地よくバランスのとれた流麗さが基軸となっていますが、圧倒的に異なるのがその重層性。それはもはやア・リナとは全く異なる次元に位置する程で、ハーブのスパイス風味に緻密なタンニン、それらを支える酸など、構成要素は同系列でありながらも、各要素が放つ圧倒的な重層感にはかなりのポテンシャル差が感じられます。また、果実感も黒系よりで、鉄分を感じる資質など、より風格を感じる表情も内包しています。

今からでもすぐに楽しめる親近感を持ち、モダンワインらしいバランス感覚で敷居を下げてはいますが、抜栓後数日経過させた時の表情の変遷を鑑みると、一定の熟成を経ることで重厚なタンニンを主体とした堂々たる姿に変貌しそうな印象を受けます(以前試飲した2011年ヴィンテージとはまるで別物な印象)。ポテンシャルはかなり高いものの、それでも無理して熟成させる必要はないので、基本的には今から数年以内に飲み切るような感覚で特に問題ないと思います。ややコアには硬さが見られますが、若々しく流麗な瑞々しさ、その心地よさがジローラモ・ルッソの魅力のひとつでもあるので、初期の若い表情を存分に楽しんだ後、余裕があれば改めて熟成させた表情を追加で堪能する、といった向き合い方で十分だと思います。
(2019/05)

参考市場価格5,508円~5,562円
点数評価94(WA)、93(JS)、93(VAG)、92(V)

ホーム > イタリア > シチリア > エトナ・ロッソ フェウド
Home > Italy > Sicilia > Etna Rosso Feudo

Global Partners