白ワインの聖地「フリウリ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「デイリーワイン」
楽天市場「白ワイン」
楽天市場「ヤルデン」
------

- Good Quality -

2013 Langhe
Poderi Aldo Conterno生産者ワインリスト

Langhe

2004年に生まれたこの新しいワイン「ランゲ」は、モンフォルテ・ダルバのブッシアにある複数の畑から造られます。セパージュは土着品種のフレイザに、国際品種のカベルネ・ソーヴィニヨンとメルローをブレンド。あまり知名度が高くない葡萄品種「フレイザ」が主に使用されていますが、ピエモンテの主要品種であるネッビオーロやバルベーラなどとはまたひと味違った表情を持っているので、このワインの持つ個性とスタイルを率直に体験して欲しいと感じます。

際立つ酸が主体となったスタイルで、紫のニュアンスを感じる梅紫蘇ジュースのような雰囲気が漂います。モダンな造りで纏まってはいるものの、その表情は野性味のある土着品種らしいものなのが印象的です。液体自体は瑞々しく、程よい飲み頃感ではありますが、表層はドライで口中には渇きや収斂感、そして軋みなどが広がるので、コアにある本質が完全に解れるには、もう少し時間が必要かもしれません(抜栓3日後まで待てば軋みは消える)。

DOCはよく見かける「ランゲ」ですが、それでも一般的な品種でもあるネッビオーロとはかなり異なる世界観なので、実際には飲み手を選ぶ世界観かもしれません。酸が前面に出ているので、単品で楽しむようなタイプではなく、あくまでも料理とともに嗜む系譜にありますが、それでも純粋な造りそのものはアルド・コンテルノらしく良質かつ質実なので、じっくり向き合うことができれば、そのポテンシャルは十二分に感じることができそうです。
(2019/07)

参考市場価格3,729円〜4,266円(平均約3,937円)
点数評価--

ホーム > イタリア > ピエモンテ > ランゲ > ランゲ
Home > Italy > Piemonte > Langhe > Langhe

Global Partners