白ワインの聖地「フリウリ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2000 Chianti Classico Le Baroncole
San Giusto a Rentennano生産者ワインリスト

Chianti Classico Le Baroncole

2000年はペルカルロが造られず、リゼルヴァのレンジに格下げして「レ・バロンコーレ」というキャンティ・クラッシコになりました。2000年は確かに大きなヴィンテージではありませんが、かといって悪いヴィンテージでもないので、この価格帯でペルカルロの血筋が楽しめると考えると、気分的にはお得感があるかもしれません。

先日試飲した2001年のキャンティ・クラッシコも良質なスタイルで素直に楽しめましたが、このバロンコーレは明らかに異なる資質を持ち、抜栓直後からその世界観を遺憾なく発揮してくれます。優美で甘く角の丸いバニラの樽風味が心地よく、現時点でも既に果実味と融合し始めているので、ペルカルロ的な長熟資質とは大きく異なるスタイルだと思います。

翌日に持ち越すと奥に潜むサンジョヴェーゼ的な酸味も顔を出し始めますが、それでも全体としてのイメージは「コッテリとした風味で甘いモダンなスーパータスカン」といった印象で、既に「キャンティ」ではなく「レンテンナーノのワイン」といったアインデンティティが確立されているように感じます。しかし、かといって特に豊満なボディを持っているわけではなく、モダンな中にも独自のエレガントさを感じる、あくまでもパッケージングで勝負するワインなのだと思います。

ルカ・マルティーニ・ディ・チガーラは「グレート・ヴィンテージだと感じたが、醸造したらヘンなワインになっていた」と語っていますが、例えペルカルロにはなれずとも、レンテンナーノの看板を掲げられるだけのポテンシャルはしっかり打ち出せているので、個人的にはしっかり評価しお薦めしたい1本だと感じます。
(2004/07)

参考市場価格3,980円~6,500円(平均約5,873円)
点数評価90/92(RWG-M)、89(Fa)

ホーム > イタリア > トスカーナ > キャンティ・クラッシコ > キャンティ・クラッシコ レ・バロンコーレ
Home > Italy > Toscana > Chianti Classico > Chianti Classico Le Baroncole

Global Partners