白ワインの聖地「フリウリ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「デイリーワイン」
楽天市場「白ワイン」
楽天市場「ヤルデン」
------

- Good Quality -

2004 Beaujolais-Villages Primeur
Maison Leroy生産者ワインリスト

Beaujolais-Villages Primeur

今ではDRCと肩を並べる造り手となった「ルロワ」のボジョレー・ヴィラージュです。昨年の2003年ヴィンテージは「100年に一度!」と大きくもてやはされましたが、全般的に今年はスタイルが異なるようで、どちらかと言うと従来通りのヌーヴォーらしさがよく似合うスッキリとした印象を受けます。

「さすがはルロワ」と思わせるだけの葡萄力がポイントで、タイトながらも芯が強く、凝縮感を持つ洗練されたスタイルとなっています。確かに昨年のパカレのような圧倒感はなく、表情的にもわかりやすいようなタイプではありませんが、質実剛健な造りで構造力に優れ、一般的なガメイというイメージから連想される領域を超える程のポテンシャルを感じます。

潜在能力はかなり秘めてそうな印象がありますが、現状では芯の強さが立ち少し苦い印象もあり、硬質さとともに若干閉じ気味な印象もあります。やや大人しめながらもキュートな果実さがあるので美味しく飲めますが、氏素性の良さはあれども、価格との折り合いという面では少し厳しいものがあります。秘めたるポテンシャルは評価できるので、価格面で納得できればお薦めできるボジョレーだと言えます。
(2004/11)

参考市場価格3,500円~4,000円
点数評価--

ホーム > フランス > ブルゴーニュ > ボジョレー > ボジョレー・ヴィラージュ > ボジョレー・ヴィラージュ プリムール
Home > France > Bourgogne > Beaujolais > Beaujolais Villages > Beaujolais-Villages Primeur

Global Partners