楽天市場「カバ」
楽天市場「トルブレック」
楽天市場「デイリーワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Good Quality -

2004 Beaujolais Vin de primeur
Philippe Pacalet生産者ワインリスト

Beaujolais Vin de primeur

プリューレ・ロックの醸造長を長年務めたことや、マルセル・ラピエールの甥としても有名なフィリップ・パカレのヴァン・ド・プリムールです。

いわゆる「ボジョレー・ヌーヴォー」にあたるワインなので、その多くは解禁日となる2004年11月の第3木曜日近辺で飲まれていると思います。前年の2003年ヴィンテージがとんでもないパフォーマンスを誇っていただけに注目が集まりますが、価格の上昇もみられたので今回は数ヶ月後に到着する船便を待つことにしました(解禁日に届く航空便だと価格の半分ぐらいが輸送費になるという話も…)。

解禁日から約4ヶ月も経過しているので一概に比較することはできませんが、抜栓直後はかなりこぢんまりとした印章があり、時間とともに徐々に開いてはきますが、構造面での平たさや、フィニッシュにかけて現れる水で薄められたような希薄感がやや気になります。とはいえ、コアに鎮座する果実の堅牢感はなかなかのものがあり、そもそも直接的な味というよりは秘められた滋味で勝負するタイプのワインなので、総じた満足感は比較的高いものとなっています。少なくとも、飲んでいて「ボジョレー・ヌーヴォー」だということをすっかり忘れてしまう程の世界観には素直に納得させられます。

今の時期に3,000円~4,000円も出して買うのはどうかと思いますが、船便を待って2,000円前後という手軽な価格帯で手に入るのであれば、コストパフォーマンス的には十分満足できるものを発揮してくれると思います。昨年末、価格の問題でスルーしたような人には特にお薦めです。
(2005/03)

参考市場価格:1,980円(船便価格)
点数評価:--

ホーム > フランス > ブルゴーニュ > ボジョレー > ボジョレー > ボジョレー ヴァン・ド・プリムール
Home > France > Bourgogne > Beaujolais > Beaujolais > Beaujolais Vin de primeur