楽天市場「ニュイ・サン・ジョルジュ」
楽天市場「クメウ・リヴァー」
楽天市場「ドメーヌ・ルロワ」
------
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」

- Recommended -

2000 Coteaux du Languedoc Montpeyroux Calidus
Abbotts生産者ワインリスト

Coteaux du Languedoc Montpeyroux Calidus

ヘンチキ、ペンフォールズ、ミッチェルトンで醸造を経験してきた、オーストラリア生まれの女性醸造家ネリダ・アボット、その夫で同じく醸造家のスネッド、ロンドンのインポーター出身のアンダーソン、この3人でワイナリーが運営されています。

「シラーを追求したい」という欲求の末にラングドックに行き着いたこともあり、シラーをよりよく表現するためのテロワール、といったスタンスが貫かれています。アボッツのワインは、フラッグ・シップの「キュミュロ・ナンビュス」をはじめとして、シラー100%のヴァラエタル・ワインが多くなっていますが、このカリデュスに関しては、シラー40%、グルナッシュ40%、カリニャン15%、ムールヴェードル5%というブレンド・ワインとなっています。アボッツといえば熟成にアメリカンオークを使用している印象がありますが、カリデュスについてはフレンチオークの1年樽で18ヶ月の熟成となっています。

スパイスやハーブが混ざった心地よい香りが漂い、葡萄の純度の高さとたおやかさが伝わります。スタイル的にはハイトーンな酸味の衣を纏った清楚な表情が印象的で、凝縮した果実力との融合が時間とともに進んでいきます。想像していた以上に繊細なスタイルで、北部のワインにみられるような背筋の張りや品位も感じます。

綺麗にまとまった良質なワインとなっており、素直に楽しめる美味しさも兼ね備えています。しかし、絶対価格がやや高い傾向にあるので、端的に味そのものだけを見た場合のコストパフォーマンスにはやや難があるかもしれません。なので、葡萄力やテロワール、そしてネリダ・アボットの想いを受け取り、そこにある真実に向き合うよう心掛ければ、価格に見合うだけのポテンシャルを引き出せると思います。
(2005/05)

参考市場価格:約3,000円~4,000円前後
点数評価:86(W)

ホーム > フランス > ラングドック - ルーション > コトー・デュ・ラングドック モンペイルー カリデュス
Home > France > Languedoc - Roussillon > Coteaux du Languedoc Montpeyroux Calidus