進化と発展を続ける「日本ワイン」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

N.V. Fresh Fruits Hokkaido
Hakodate Winery Ltd.

Fresh Fruits Hokkaido

北海道の苫小牧に古くから自生していた「ハスカップ(和名「クロミノ・ウグイス・カグラ」)」に着目し、このハスカップを主原料として造られたのが「フルーツ北海道ハスカップワイン」です。

アルコール度数が8%と低く(飲んだ印象だともっと低く感じる)、まさに「絞りたてのフレッシュジュース」という気持ちのよい清々しさもあるので、ワインとしてどうこうというより、飲料として素直に美味しいと感じます。

クリアなルビー色で、赤とロゼの中間に位置するような色調ですが、適正温度は意外と高めな印象を受けます。一応「少し冷やして飲む」というのが基本スタイルですが、赤ワインに近い温度で飲んでもなんら問題なかったので(むしろ好印象かも!?)、涼しい季節であれば常温でも良さそうです。

あえて言えば「やや甘」というポジションになると思いますが、決して糖質的な甘さではなく、あくまでも果実から来るフレッシュな甘みがベースで、ベリー系のスッキリした酸も十分感じられるので、どちらかというと「フレッシュ果実系」という表現の方が適しているかもしれません。ともかく、価格帯を考えると想像以上の内容と美味しさを兼ね備えていると言えるので、素直に「日本のフルーツ・ワインもなかなか侮れない」と感じます。
(2007/03)

参考市場価格695円~714円(500ml)
点数評価--

ホーム > 日本 > 北海道 > フルーツ北海道ハスカップワイン
Home > Japan > Hokkaido > Fresh Fruits Hokkaido

Global Partners