進化と発展を続ける「日本ワイン」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2001 Casalferro
Barone Ricasoli生産者ワインリスト

Casalferro

自社畑の葡萄で造られるカステッロ・ディ・ブローリオとは異なり、カザルフェッロは買い葡萄で造られるネゴシアン系のワインとなっています。真のグラン・ヴァンを目指すカステッロ・ディ・ブローリオとは異なり、カザルフェッロの方はあくまでも「常人向け」と言われています。

優良なヴィンテージらしく、各要素に過不足がなくしっかりした酒質が構築されていますが、例年よりも若干ポテンシャル系に推移し、基幹となる酸味をベースにカザルフェッロらしい味付けがなされています。やや熟れた樽風味に胡椒等のスパイス風味も加わり、全体的にはうまくバランスしているものの、逆に程よく纏まりすぎた感もあるので、良く出来た印象とともにこぢんまりとした印象も同時に受けてしまいます。

美味しく飲めるスタイルではあるものの、わかりやすい果実味で押す系統ではなく、あくまでも「良質の素材を人の手でしっかり調理した」という傾向にあるので、ある意味「カザルフェッロらしい明確な美味しさ」を半歩飛び越え「カステッロ・ディ・ブローリオの明確な威厳と風格」に少し近づいたような気もします。ただ、近寄り方が若干中途半端なので、従来のカザルフェッロファンにとっては痛し痒しというところかもしれません。
(2007/11)

参考市場価格3,549円~4,179円(平均約3,886円)
点数評価92(V)、92(WA)、90/92(RWG)、90(Fa)、88(WS)、87(LM)

ホーム > イタリア > トスカーナ > I.G.P. & I.G.T > カザルフェッロ
Home > Italy > Toscana > Indicazione Geografica Protetta & Indicazione Geografica Tipica > Casalferro

Global Partners