進化と発展を続ける「日本ワイン」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2008 Jus de Raisin Gazéifié
Paul Giraud

Jus de Raisin Gazéifié

コニャックの造り手「ポール・ジロー」によるスパークリング・グレープ・ジュースです。コニャックを造るのに使用する「ユニ・ブラン」を使用して炭酸ジュースに仕立てたもので、そのまま「ジュ・ド・レザン(グレープ・ジュース)ガゼイフィエ(炭酸ガス)」と名付けられています。

「単一ヴィンテージの葡萄ジュース」という存在自体が興味深く、ユニ・ブランという品種もイタリアで言う「トレッビアーノ」にあたるものなので、ポール・ジローを知らない人でも気になっている人は多いのではないでしょうか。

圧倒的なアイデンティティを感じるこのアイテムですが、実際の中身もかなりの個性を発揮してくれています。田舎の農家の納屋や堆積した藁を感じるような独特の香りが漂い、酸味のあるやや青めのトマトを彷彿とさせるような、どことなくシードル(リンゴのお酒)のような雰囲気を持った甘酸っぱい風味が印象的です。

普通に日本の市場に流通しているごく一般的な「葡萄ジュース」を思い描いているとかなり面食らうと思いますが、甘さよりも酸の方がハッキリしていることもあるので、「葡萄ジュース」というより「アルコールのない個性的なスパークリングワイン」と認識しておくほうがしっくりくる気がします。

現地直販価格と比較すると、日本の価格はかなり割高な印象を受けますが、それでも明確な独自の世界を感じる非常に興味深いアイテムなのに違いはないので、おそらく価格的に損をしたような気分にはならないと思います。正直なところ味そのものについては好みがハッキリ分かれそうですが、新しい発見があるのは確かなので、年に一度のお祭り的な意味合いも含めて、もし未経験であれば是非一度は試して欲しいところです。
(2009/01)

参考市場価格1,179円~1,365円(平均約1,308円)
点数評価--

ホーム > フランス > その他 > ジュ・ド・レザン ガゼイフィエ
Home > France > Autres > Jus de Raisin Gazéifié

Global Partners