大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2003 Canaiolo
Azienda Agricola Bibi Graetz生産者ワインリスト

Canaiolo

少量のみ生産されるカナイオーロ100%のワインですが、スタイルとしては同年のバロッキ・ディ・テスタマッタにやや近いものがあります。より硬派で実直な側面を押し進めたようでもあり、単一品種ならではのある種の潔さが抜栓直後からストレートに伝わります。表層の滑らかさやアタックに感じる瑞々しさなど、今時のワインらしく早くから楽しめる方向でうまく仕上がっていますが、それでも本質的なタンニン力は強固かつ膨大で、その総量はバロッキを上回るほどのものとなっています。

抜栓日の印象は「バロッキの2日目」といった感もありますが、翌日に持ち越すとローレベルに停滞する不思議な重さのあるアルコール感が漂い、3日目になると木の実系の硬質感やよりドライな資質が強くなる傾向にあります。時間とともにかなり厳しい表情が強くなることもあってか、ボトルの最後の方にもなると、アタックに感じる親しみやすさが瞬時にかき消されて強靭な乾きと痺れが口中を襲います。

バロッキ以上に「昇華し開花するかは未知数」といった印象で、その屈強なタンニンレベルをベースに考えるとかなりの長寿命ワインといえるかもしれません(もっとも他の要素は衰えてしまうかもしれませんが…)。生産本数が少なく価格もかなり高価なので、どう考えても一般向けとは言い難いものがありますが、それでも「2003年というヴィンテージに基づいたビービー・グラーツ流のカナイオーロ像」を真摯に受け止めたいという人であれば、それ相応の結果は得られると思うのでそう悪い選択肢ではないと思います。
(2009/11)

参考市場価格11,445円~16,800円(平均約13,411円)
点数評価91(WS)、85(LM)

ホーム > イタリア > トスカーナ > I.G.P. & I.G.T > カナイオーロ
Home > Italy > Toscana > Indicazione Geografica Protetta & Indicazione Geografica Tipica > Canaiolo

Global Partners