楽天市場「カバ」
楽天市場「トルブレック」
楽天市場「デイリーワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Good Quality -

2008 Côtes du Jura Les Sarres Chardonnay
Rijckaert生産者ワインリスト

Côtes du Jura Les Sarres Chardonnay

一般的にジュラといえば、「ヴァン・ジョーヌ(黄色ワイン)」と呼ばれるシェリーに似タイプのワインが有名ですが、このコート・デュ・ジュラはラベルに「シャルドネ」と記述されていることからもわかるように、特殊なタイプではなくごく一般的な辛口白ワインとなっています。ちなみに、リケール自身の手で造られるアイテムということもあって、ラベルやキャップシールは緑になっています(買い葡萄は茶色ラベル)。

直前に試飲したピエロパンソアヴェと同じように、若いヴィンテージでありながらも思った以上に各要素間の壁が取り払われ一体化している印象を受けます。スッキリとしたシンプルな表情で、シャープな酸味を主体としながら、優しい甘味や仄かなハーブ風味が加わっていますが、2007年に感じたようなトロミや豊満さは特に兼ね備えていません。さらに、僅かながらもどことなく田舎っぽい表情を垣間見せてくるのですが、これはテロワール由来ではなく醸造由来の風味のようなので(数日経過させることでその素性が明確化する)、全体的なパッケージングの面においても前年からは僅かに後退したように感じられます。

少し気になる点はあるものの、それでも「レ・サル」としての全体像は明確で、広がる世界観もポジティブなものなので決してガッカリするようなことはありません。故に、出来が良かった2007年と比較するのではなく、ひとつの「個」として目の前の存在を尊重してあげることが、よりしっかりとした充足感を得るためのキーポイントになりそうです。
(2011/09)

参考市場価格:2,268円
点数評価:--

ホーム > フランス > ジュラ > コート・デュ・ジュラ レ・サル
Home > France > Jura > Côtes du Jura Les Sarres Chardonnay