進化と発展を続ける「日本ワイン」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2007 Barolo
Alessandro Veglio (Azienda Agricola Cravanzola Franca)

Barolo Riserva Cannubi

バローロ・ボーイズの一員として一時代を築いた「マウロ・ヴェリオ」の甥にあたるのがこの「アレッサンドロ・ヴェリオ」。経験を重ねるとともに徐々に生産を増やし、2007年にはワイナリーの運営に専念することを決め、翌2008年にはファーストヴィンテージを世に送り出します。1982年生まれの彼は、まさにこれからが期待される新生代のバローロ生産者だと言えます。

基本的な指向性としては、しっかり熟した果実の凝縮度と甘み、そしてそれに伴う高アルコールがベースとなった、モダンな要素がしっかり感じられるバローロとなっています。古めかしい樽風味が若干感じられますが、それでも指向性は現代的で、丸みを帯びた体躯など、ある意味「バローロらしからぬバローロ」と言えるかもしれません。

全体的にはよく仕上げてきていますが、その世界観そのものがやや端的ということもあり、若干「バローロである必要性」の是非が頭をよぎる瞬間があります。とはいえ、手にしやすい価格帯であることや、将来性という観点を加味すると、その有用性は思いのほか高い印象だったりもします。
(2015/01)

参考市場価格3,067円
点数評価91(IWC)

ホーム > イタリア > ピエモンテ > バローロ > バローロ
Home > Italy > Piemonte > Barolo > Barolo

Global Partners