楽天市場「ニュイ・サン・ジョルジュ」
楽天市場「クメウ・リヴァー」
楽天市場「ドメーヌ・ルロワ」
------
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」

- Good Quality -

2014 Sato Central Otago Riesling
Sato Wines Ltd生産者ワインリスト

Sato Central Otago Riesling

佐藤嘉晃、恭子夫妻による小さなプロジェクトとして、2009年に始まったのが「サトウ・ワインズ」。もともとは銀行員だったという異色の経歴の持ち主ですが、転勤先のロンドンでワインに目覚め、ワインを造りたいという思いにかられ、最終的にニュージーランドにたどり着きます。セントラル・オタゴを代表する偉大な生産者「フェルトン・ロード」でキャリアを重ねたこともあり(恭子さんは現在もフェルトン・ロードの栽培に関与)、サトウ・ワインズも同じセントラル・オタゴを拠点としています。

クロムウェルから北に7kmの位置にある「ノースバーン・ステーション・ヴィンヤード」から造られます。生産本数は僅か2,480本。仕上がりとしては非常にドライなリースリングで、残糖は2.5g/lとなります。

タイトで硬質感ある体躯に、レモンピールやグレープフルーツピールのようなニュアンスを持った収斂要素と豊かな酸、そして佐藤さんのワインらしい緻密で複雑味のある構成要素で組み上げられています。翌日に持ち越すと仄かに果実の柔らかみや甘みが滲み出てきますが、基本的にはドライでタイトな資質が主体となっているので、表情としてはやや素っ気ない傾向にはあります。とはいえ、一般的なリースリングとは比較にはならないほどの凝縮感と緻密さは、良し悪しとはまた別に一定の説得力があるので、佐藤さんのスタイルを理解している人に対しては十分訴求しそうな印象でもあります。
(2016/05)

参考市場価格:3,888円〜4,860円(平均約4,406円)
点数評価:--

ホーム > ニュージーランド > サトウ リースリング
Home > New Zealand > Sato Central Otago Riesling