楽天市場「カバ」
楽天市場「トルブレック」
楽天市場「デイリーワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Very Good Quality -

2009 Felton Road Central Otago Pinot Noir Calvert
Felton Road Wines Ltd生産者ワインリスト

Felton Road Central Otago Pinot Noir Calvert

ニュージーランド最南端のワイン産地「セントラル・オタゴ」を代表する生産者であり、かつ、ニュージーランドのトップ5に数えられる一流生産者でもあるのが「フェルトン・ロード」。

フェルトン・ロードの起源となるエルムズ・ヴィンヤードから東に1kmほど移動したところにあるのがこの「カルヴァート・ヴィンヤード」。畑のオーナーは「オーウェン・カルヴァート」ですが、長期リース契約を行っているので、実際の畑の管理や栽培に関する手入れは全てフェルトン・ロードが行っています。

同じ畑から造られる、ピラミッド・ヴァレー・ヴィンヤーズのグローワーズ・コレクションとの違いが気になるところですが、同一ヴィンテージでありながらも、フェルトン・ロードのカルヴァートはそこまで熟成が進んでおらず、相対的にポテンシャル系の要素がより色濃く反映されたスタイルとなっています(現状ではまだまだフレッシュ)。完熟果実の甘旨い魅力ある表情は健在ですが、それ以上に酸がかなりしっかりしている傾向にあり、骨格の堅牢感もより印象深い傾向にあります。抜栓日は陽的な魅力が全開で、グローワーズ・コレクションを彷彿とする快活さ、思わず笑みが溢れるような表情が主体となっていますが(美味しすぎてすぐになくなってしまうかも!?)、翌日に持ち越すと果実系要素は減衰し、徐々に酸や硬質感、しっかりとしたアルコール感など、相対的に陰な資質の方がより色濃くなります。

スクリューキャップの利点によって、熟成させてもフレッシュさはコルクよりも維持される傾向にありますが、あまり熟成期間を長く取りすぎると(今からさらに10年以上)、果実要素の方が先に減衰していきそうな雰囲気があるので、トータルバランスを重視すると、陽的な魅力が前面に打ち出されている間に飲んだ方がより楽しめそうな印象でもあります。
(2016/09)

参考市場価格:8,035円
点数評価:96(HH)、94(JG)、92(BC)、91(JCL)、90(IWC)、90(WS)

ホーム > ニュージーランド > フェルトン・ロード ピノ・ノワール カルヴァート
Home > New Zealand > Felton Road Central Otago Pinot Noir Calvert