楽天市場「バローロ」
楽天市場「シャンパーニュ」
楽天市場「ドメーヌ・ルロワ」
------
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」

- Very Good Quality -

2013 Malvasia
Azienda Agricola Kante生産者ワインリスト

Malvasia

トリエステ近郊のカルソを代表する偉大な生産者であり、奇才、カリスマとも称されるのが「エディ・カンテ」。そんなカンテのワインの中で、スタンダード・レンジの「クラシック・ライン」に位置するのがこの「マルヴァジア」。

カルソの土地を具現化した、カンテらしい凛とした強固なミネラルが感じられますが、緻密なマルヴァジアの果実の魅力に加え、現時点で5年の熟成を経ていることもあってか、全体的には親しみやすく心地よい世界観が広がります。その明確なミネラルのおかげでボディは引き締まっていますが、その内部には豊かな果実のエネルギーが込められ、優しい桃、蜜、レモンの風味に続き、高アルコール由来のヒリヒリとした質感が後味に広がります。どことなく、アロマを控えめにしたヴィオニエにも相通じる表情があり、一定水準の力強さも感じられますが、カンテのワインとしては、より上のセレツィオーネと比較すると相対的には若干控えめなエネルギー&ポテンシャルとなっています。

抜栓直後は若干還元のニュアンスが感じられますが、10分程度で通常の状態に戻るので特に問題はなさそうです。当初はポテンシャル系の要素やミネラル感がより強く、時間の経過とともになだらかに落ち着き、親近感や果実感の方がより強くなる傾向にあります。日本では、現地の現行ヴィンテージよりも数年古いヴィンテージが現行扱いとなっていますが、その実、これから訪れるであろうポテンシャルのピークを素直に実感できる、ある意味ちょうど良い飲み頃感でもあるので、愛好家からするとむしろ有難いぐらいかもしれません。
(2018/03)

参考市場価格:2,700円~3,056円
点数評価:--

ホーム > イタリア > フリウリ・ヴェネツィア・ジューリア > マルヴァジア
Home > Italy > Friuli-Venezia Giulia > Malvasia