楽天市場「フェルトン・ロード」
楽天市場「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「クロ・レオ」
------
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」

- Good Quality -

2015 Barossa Valley Shiraz
Powell & Son

Barossa Valley Shiraz

オーストラリアを代表する世界的なワイナリー「トルブレック」の創業者であり、偉大な醸造家でもある「デヴィッド・パウエル」が、2013年にトルブレックを去った後、息子のカラムとともに立ち上げた新しいプロジェクトがこの「パウエル&サン」。

使用されるシラーズの大部分は、南部バロッサのマラナンガ、セッペルツフィールド、リンドック・ヴァレーの畑で栽培され、醸造はコンクリート発酵槽で個別に行い、4,500リットルのフレンチオークフードルで15ヶ月間熟成されます。リヴァーサイドGMSと同様に、リンドックにあるリヴァーサイド・ヴィントナーズのワイナリーで造られています。

各要素は微細かつ緻密で体躯内部にミッチリと込められ、黒系果実や胡椒、香草系のハーブ風味に、濃密に凝縮された熟度の高い資質が遺憾なく伝わってきます。口当たりがよく、丸みがあるものの一定の弾力があるのはGMSと同様ですが、15%という高アルコールによる迫力がよりストレートに伝わってくるという違いがあるので、こちらの方がより飲み手の体力を必要とする印象を受けます。全体的なパッケージングや構成力など、全体的により洗練された傾向にあり、しっかりとしたポテンシャルを内包している印象でもあります。

今からでもすぐ飲めますが、まだ若いヴィンテージということもあり、抜栓日は各要素がそれぞれ独立して浮遊しているような傾向にあります。とはいえ、翌日に持ち越すぐらいしっかりと時間を与えれば、一体感のある本来の表情が広がるので、現状でもそこまで大きな問題にはならないと思います。理想としては、1〜2年程様子を見てみたいところですが、無理して熟成させる必要はないので、気軽に飲んでも特に問題はなさそうです(造り手の進化を含め、今後のヴィンテージが楽しみ)。
(2018/06)

参考市場価格:3,580円~4,536円(平均約3,976円)
点数評価:92(WA)、91(WF)、91(WS)

ホーム > オーストラリア > バロッサ・ヴァレー シラーズ
Home > Australia > Barossa Valley Shiraz