楽天市場「バローロ」
楽天市場「シャンパーニュ」
楽天市場「ドメーヌ・ルロワ」
------
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」

- Recommended -

2008 Barolo Le Vigne
Luchiano Sandrone生産者ワインリスト

Barolo Le Vigne

偉大な単一クリュのバローロ「カンヌビ・ボスキス(現アレステ)」を生み出すルチアーノ・サンドローネですが、各地域のブレンドで造るもうひとつのバローロがこの「レ・ヴィーニェ」となります。バローロ村にあるクリュ「ヴィニャーネ」の2区画、ノヴェッロのクリュ「メルリ」、モンフォルテ・ダルバの「コンテルニ」と「チェレッタ」、これらの畑をブレンドし、伝統的なバローロとしての立ち位置をうまく捉えています(バローロの伝統はブレンドが基本)。

非常に端正で美しく滑らかな質感を持ち、特にその上質な樽使いから生まれる表情が印象的です。純粋なボリュームやエネルギー総量は比較的抑えられている傾向にありますが、程よい体躯をベースにしたバランス感が心地よく、同時にその内部は極めてリッチで、主体となる「酸味」を基軸にして各要素が破綻なく配置されています。果実は丸く優しい甘みが感じられ、無理のない熟度なのが非常に好印象でもあり、初期の熟成段階に達したことで、熟れた甘いタンニンと相まって落ち着いた心地よさを生み出しています。

派手でインパクトのあるようなスタイルではなく、質実でじっくりと着実に歩を進めるタイプであり、あくまでも酸が主体となっていることもあるので、基本的には「時間をかけて向き合うほどに魅力が増大していくタイプ」となっています。深く印象に刻まれるような世界観ではないものの、ふと気がつくと1本飲みきっている、そんなイメージかもしれません。ルチアーノ・サンドローネのワインは相対的に高価な傾向にありますが、飲めば納得できるだけの内容を持っているのは確かなので(特に質感)、この価格帯のワインに抵抗がない人であれば、相応の高い満足感が得られると思います。
(2018/11)

参考市場価格:9,353円〜11,232円(平均約10,503円)
点数評価:97(WA)

ホーム > イタリア > ピエモンテ > バローロ > バローロ レ・ヴィーニェ
Home > Italy > Piemonte > Barolo > Barolo Le Vigne