白ワインの聖地「フリウリ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「アルザス」
楽天市場「ニュイ・サン・ジョルジュ」
楽天市場「ヤルデン」
------

- Very Good Quality -

2016 Alsace Grand Cru Moenchberg Pinot Gris
Domaine Marc Kreydenweiss生産者ワインリスト

Alsace Grand Cru Moenchberg Pinot Gris

メンヒ=修道士、ベルグ=山、という意味を持つグラン・クリュですが、一般的にはリースリングが主に植えられているものの、南向きのボウル状の斜面を構成するこの土地は、氷河期の堆積物が非常に多いということもあり、クライデンヴァイスではより適した品種としてピノ・グリを植樹しています(アドルフ修道院のベネディクト会が1097年に計画)。

一般的なピノ・グリのイメージとはやや異なり、非常にクリーンで美しく、基本的にはクリットと同質の世界観を内包していることもあり、マルク・クライデンヴァイスのスタイルがしっかり反映されていると言えそうです。最も印象的なのがふくよかでボリュームのある果実感で、その凝縮感と緻密さから、どこか甘口ワインに近いニュアンスを感じます。しかし、骨格は明確で、品位ある表情や、石を舐めたかのような仄かな苦味を伴うミネラル、そして後味にかけて伸びる綺麗な酸と程よい辛味など、その本質には非常に高いポテンシャルが感じられます。

抜栓日の印象だと、ミネラル系の要素や骨格感は一歩引いたところにあり、前面にはわかりやすい豊かな果実味が打ち出されている傾向にあるので、食事とともに日常で気軽に楽しみたい場合はクリットの方が適している印象でもあります(ワインがいい脇役になってくれる)。しかし、時間とともにその本質が露わになっていき、最終的には果実味が一歩後ろに引いて、逆に構造や骨格の方にスポットが当たるようになるので、掘り下げるほどに内包するポテンシャルが高いことを実感します。まさにワイン単体で楽しめる世界観でもあるので、分かりやすい果実味の奥に隠れた本質をぜひ引き出し、そして存分に堪能してもらいたいところでもあります。
(2019/01)

参考市場価格5,097円〜5,461円(平均約5,262円)
点数評価--

ホーム > フランス > アルザス > メンヒベルグ グラン・クリュ ピノ・グリ
Home > France > Alsace > Alsace Grand Cru Moenchberg Pinot Gris

Global Partners