白ワインの聖地「フリウリ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「デイリーワイン」
楽天市場「白ワイン」
楽天市場「ヤルデン」
------

- Good Quality -

2004 Puente de la Vega Arcilla Garnacha Tintorera & Syrah
Bodegas y Viñedos Venta la Vega S.L.

Puente de la Vega Arcilla Garnacha Tintorera & Syrah

セパージュは、樹齢20年のガルナッチャ・ティントレラ80%にシラー20%。石灰が混じった沖積土壌で造られるカントスに対し、このアルシージャは粘土質のシルト土壌で造られています。

土台となる部分はかなりどっしりとしていますが、メントール系の清涼感や、石を舐めたかのような収斂感やミネラル、そして後味に広がる口中の渇きなど、ドライに引き締まる要素がより印象的なので、全体像としては一般的な粘土質土壌のワインとはやや異なるのかもしれません。奥底には、スペインらしい充実したボリューム感と豊かなタンニンを内包していますが、質感は滑らかで、渋みや苦みが前面に打ち出されるようなタイプではないので、その濃厚さに圧倒されるようなことはないと思います。

どことなくシチリアエトナにも共通した雰囲気が感じられたカントスに対して、アルシージャの方はどちからというとブルゴーニュ寄りな印象でもありますが、それでも万人受けする様な明快な表情ではないので(やや陰なスタイル)、もしどちらか一本を選ぶとしたら、個人的にはカントスに軍配を上げたいところではあります。とはいえ、どちらも良く出来たワインで、実際、かなり表情に違いがあるので、同時に飲み比べて見るのがもっとも楽しめそうな印象です。
(2019/10)

参考市場価格965円
点数評価--

ホーム > スペイン > カスティーリャ・ラ・マンチャ > アルマンサ > プエンテ・デ・ラ・ベガ アルシージャ ガルナッチャ・ティントレラ&シラー
Home > Spain > Castilla-La Mancha > Almansa > Puente de la Vega Arcilla Garnacha Tintorera & Syrah

Global Partners