白ワインの聖地「フリウリ」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
楽天市場「デイリーワイン」
楽天市場「白ワイン」
楽天市場「ヤルデン」
------

- Very Good Quality -

2011 Barbaresco Riserva Pora
Produttori del Barbaresco生産者ワインリスト

Barbaresco Riserva Pora

アルバ醸造学校を創設したドミツィオ・カヴァッツァが1894年にバルバレスコの農民を9人集めて組織し、その後発展したのがこの「プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ(バルバレスコの協同組合)」です。

通常のバルバレスコが毎年安定したクオリティを発揮し評価を得ていますが、優れたヴィンテージにはアジリモッカガッタモンテフィーコモンテステファノオヴェッロパイエ、ポーラ、ラバヤリオ・ソルドという9つの単一クリュのリゼルヴァも生産されます。

今回試飲したポーラは南と南西向きの畑(カルシウムが多い石灰質土壌と粘土を含む砂礫質土壌)で、デッラフェッレーラ、マンツォーネが所有する同クリュから16,666本が生産されています。

熟度の高い赤系のニュアンスを内包した果実感に、滑らかな表層と適度なボリューム感を有しています。土台となる部分の堅牢性は高く、タンニンは非常に豊富で、収斂性のあるドライな質感ではありますが、その周囲を滑らかな果実要素でラップしていることもあり、口当たりは意外と良好です。純粋なエネルギー総量としては、直前に試飲したパイエの方に分がありそうな印象ですが、反面、統一感と素直な訴求力に関しては、このポーラに分がある印象でもあります。

抜栓後数日経過させると、本来のポテンシャル系要素がかなり前面に押し出されるようになるので、純粋な寿命という観点ではかなり長命な傾向にありそうです。とはいえ、抜栓直後から素直に楽しめるバランス感覚が好印象でもあるので、長期熟成させなくても魅力的な表情をしっかりと打ち出してくれると思います。
(2019/11)

参考市場価格5,367円~6,160円(平均約5,596円)
点数評価95(WS)、92(V)、92(VAG)、92(WF)、91(JS)、90(W)、90(W&S)

ホーム > イタリア > ピエモンテ > バルバレスコ > バルバレスコ リゼルヴァ ポーラ
Home > Italy > Piemonte > Barbaresco > Barbaresco Riserva Pora

Global Partners