大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2014 Gevrey-Chambertin Premier Cru Clos Saint-Jacques
Domaine Louis Jadot生産者ワインリスト

Gevrey-Chambertin Premier Cru Clos Saint-Jacques

ジュヴレ・シャンベルタンを代表するプルミエ・クリュがこの「クロ・サン・ジャック」。かつてはムーシュロン伯爵家が単独で所有していて(後に5軒の栽培農家に分割して売却された)、当時、グラン・クリュのシャンベルタンに匹敵するワインを生み出していたという歴史的な理由があり、現代でも引き続き高い評価と名声を得ています。

2014年のクロ・サン・ジャックは、2015年の5月にドメーヌを訪問し、樽から直接試飲をしていますが、その時から5年経過した現在では、当時の印象とは少し異なる表情となっています。特に異なるのが、抜栓直後からはっきりと主張する酸。ややごわつきがあり、醸造過程の影響を感じる傾向にありますが、この酸の主張が前面に出ていることもあり、全体的なバランスをやや欠いている印象ではあります。とはいえ、抜栓後数時間でコアの果実味が開花し始め、そこからは一気に表情が改善されていくので、サーヴをキッチリ行えば、そこまで大きな問題にはならないと思います。

ボディ内部の充足感と、安定した中位感が印象的でもあり、多層的なハーブ風味と果実味が一体となっていることで、味覚で感じる以上の訴求力と浸透力を感じます。果実味の表情に既に妖艶さが出始めてはいるものの、それ以外の要素でフレッシュさを保っている印象でもあるので、全体像としてはある程度早くから飲めて、なおかつ、ある程度熟成も可能、といったところかもしれません。時間をしっかり与えて完全に開いた状態になると、良質なブルゴーニュの魅力でもある甘旨味も感じられるようになり、熟成状態やボトルコンディションによっては、想像を遥かに超える高い訴求力を発揮してくれそうな印象でもあります。

決して感動するような世界観ではなく、バランス面でも多少の懸念材料はありますが、それでもこのクラスに応じたポテンシャルを有しているのは間違い無いので、この価格帯のワインを無理なく購入できる層であれば、十分お薦めできる内容になっています(時間をかけてじっくり向き合うことで浸るような満足感が得られる=非常にクオリティの高い脇役)。逆に言えば、特別なワインとして記念日に飲むようなタイプでは無いので、どうしてもターゲットは絞られてきそうな印象ではありますが、それでも、ドメーヌとしてのジャドの造りの良さと葡萄の持つ本質的な力は素直に評価できるので、決して選んで失敗するようなことはなさそうです。
(2020/04)

参考市場価格21,600円〜23,144円
点数評価92-95(VAG)、93(TA)、93(W)

ホーム > フランス > ブルゴーニュ > コート・ド・ニュイ > ジュヴレ・シャンベルタン > ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ クロ・サン・ジャック
Home > France > Bourgogne > Cote de Nuits > Gevrey-Chambertin > Gevrey-Chambertin Premier Cru Clos Saint-Jacques

Global Partners