偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2014 Rippon Rippon Mature Vine Pinot Noir
Rippon Vineyard and Winery生産者ワインリスト

Rippon Rippon Mature Vine Pinot Noir

現状では、全体的に表情が硬く収斂傾向にあるのが印象的。表層自体は滑らかで、ニュージーらしい果実の充足度がコアに感じられるものの、ボディのボリューム感としては、あくまでもピノ的な薄さを持つ適度なサイズ感になっています。明快な、いかにもニューワールド的な果実味重視スタイルとは対極にある質実さが基軸となっているので、やや素っ気なく還元的な傾向にはありますが、このアイテムはヴィンテージを重ねるごとにポテンシャル系の要素を高めている印象でもあるので、この辺りは飲み手の判断が多少分かれるポイントかもしれません。

思いの外タンニンが豊富で、アルコールもしっかりしていることもあり(13%)、基本的な質の硬さの影響もあってあまり親近感が湧くようなスタイルではありませんが、時間を置くことでかなり表情に変化があるので、現状だと抜栓後に時間をしっかり与えるか、もしくは存在を忘れて更に5年程度熟成させる方がベターかもしれません。今回のロットだと、抜栓3日目になってようやく硬さが解れ、魅力ある果実の甘味と充実したボディとのバランスが良くなる傾向にあったので、ワインとの向き合い方としては、伝統産地のポテンシャル系ワインを扱うようなスタンスの方が良さそうな印象です。
(2020/10)

参考市場価格4,752円
点数評価--

ホーム > ニュージーランド > リッポン リッポン マチュア・ヴァイン ピノ・ノワール
Home > New Zealand > Rippon Rippon Mature Vine Pinot Noir

Global Partners