偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2010 Barolo Arborina
Elio Altare生産者ワインリスト

Barolo Arborina

エリオ・アルターレを代表する畑「アルボリーナ」で造られるネッビオーロ100%のワインには「ランゲ アルボリーナ」と「バローロ アルボリーナ」の2種類存在しますが、こちらは新樽比率がより低く、逆に熟成期間が長い「バローロ」になります。

基本スタイルはエリオ・アルターレらしい流麗感とピュアな果実要素がベースとなり、エレガントなバローロ像を結実させるラ・モッラの美点が具現化されています。そういう意味ではランゲのアルボリーナと同じ血脈だとは言えますが、それでも実際に受ける印象はかなり異なります。新樽比率と熟成期間の差から想像する以上の違いがそこにあり、高純度の果実力が印象的だったランゲのアルボリーナと異なり、こちらは純粋に精緻なタンニンを愛でるような表情となっています(純粋さと瑞々しさは共通要素)。

わかりやすく訴求するような世界観ではないものの、純粋なパッケージングとしては非常に高い次元に位置している印象で、ある意味、インパクトのあるパワータイプのバローロとは対極にあるとも言えます。硬質に磨き上げられたような質感や、きめ細かく重層的なタンニンの美点など、コアに内包するその孤高感には、どことなくハイエンド系のサンジョヴェーゼワインにも共通する資質と言えるかもしれません。

両方のアルボリーナを比較すると、一般的な観点からはランゲのアルボリーナの方がお薦めしやすく、相対的に満足感も得られやすい印象ではありますが、現実的に食事とともに楽しむための脇役的な存在としては、こちらのアルボリーナの方が使いやすい印象かもしれません(言い換えると主役の料理を邪魔しない)。
(2020/12)

参考市場価格13,651円~14,634円
点数評価96+(WA)、95(VAG)、94(IWC)、92(JS)

ホーム > イタリア > ピエモンテ > バローロ > バローロ アルボリーナ
Home > Italy > Piemonte > Barolo > Barolo Arborina

Global Partners