偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2016 Fog Theory Monterey County Santa Barbara County Pinot Noir
Fog Theory Wines

Fog Theory Monterey County Santa Barbara County Pinot Noir

ファーストリリースは2013年と歴史は浅いものの、太平洋からの冷たい風と霧が流れ込む低い谷で、良質なピノ・ノワールを手がけています。今回のアイテムは、セパージュはピノ・ノワール100%ですが、産地としてはモントレー・カウンティが69%、サンタ・バーバラ・カウンティが31%という比率でブレンドされています。

まだ若いということもあってか、抜栓直後はやや収斂性が高く少し硬めではありますが、濃縮果汁的な果実味がクリアなカプセルに閉じ込められたような、カリフォルニアの冷涼系ピノらしい表情が素直に広がるのが非常に印象的です。純粋な果実力はなかなか高く、同じサンタ・バーバラのオー・ボン・クリマにも似ている傾向にありますが、非常にクリーンで硬質な反面、若干製品的な仕上がりが前面に出ているような印象でもあります。翌日に持ち越すと、分かりやすい果実の甘みよりも、酸の方がより前面に出て軽快さが増すという意外な結果となったので、思った以上にポテンシャル系の要素も兼ね備えているのかもしれません。
(2021/02)

参考市場価格4,378円~4,455円
点数評価--

ホーム > アメリカ > カリフォルニア > フォグ・セオリー ピノ・ノワール
Home > U.S.A. > California > Fog Theory Monterey County Santa Barbara County Pinot Noir

Global Partners