進化と発展を続ける「日本ワイン」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2018 Topography Pinotage Swartland
David & Nadia生産者ワインリスト

Topography Pinotage Swartland

ピノ・ノワールとサンソー(エルミタージュ)を交配させた、南アフリカ原産の葡萄品種が「ピノタージュ」(1925年、アブラハム・アイザック・ペロード教授の手によって誕生)。過去の歴史などもあり、一般的にはあまりピノタージュにポジティブなイメージを抱く人はいないかもしれませんが、90年初期に植樹された古木のピノタージュを使用し、全房比率20%、フレンチオークの古樽で14ヶ月熟成されるこのアイテムは、想像以上に良質な世界観を披露してくれます。

南アフリカらしく果実感は確かに甘めではありますが、野性味のあるキュートな果実の表情に加え、酸も豊富で、何より後味にかけてしっかりとしたタンニンが主張することもあり、必要以上に甘みを引きずることはありません。多少口中が収斂する傾向にありますが、それでもドライすぎるようなことはなく(むしろ果実のフレッシュさとの対比がいい塩梅)、全体的にはうまくバランスが取れている印象です。アルコールは感じるものの、それでも数値的には12.5%まで抑えられているので、まさに幅広い層に飲んでもらいたい良質なピノタージュといった印象です。そういう意味においては、もう少し手頃な価格帯だとありがたいところではありますが、それでもクオリティを考えると十分納得できるレンジなのは確かです。
(2021/05)

参考市場価格3,595円〜3,801円
点数評価93(TA)

ホーム > 南アフリカ > トポグラフィ ピノタージュ
Home > South Africa > Topography Pinotage Swartland

Global Partners