偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2018 Cartology Bushvines Western Cape
Alheit Vineyards生産者ワインリスト

Cartology Bushvines Western Cape

「地図調べ」という意味を持つ「カルトロジー」ですが、アルヘイトが手がけるワインは、一部を除き、その多くがテロワールを忠実に描き出すシュナン・ブランの単一品種で構成されていますが、自身がフラッグシップと胸を張るカルトロジーについては、常に10%前後のセミヨンがブレンドされています。ちなみに、今回の2018年ヴィンテージは、シュナン・ブラン90%(スカーフバーグ、パールドバーグ、ボットラリー、フォルス・ベイにある9区画の樹齢35〜60年)にセミヨン10%(フランシュックにある畑で最古の葡萄は1936年に植樹)というブレンド比率になっています。

アタックから鮮烈な刺激が広がり、花火が打ち上がったかのようなパンチある表情がストレートに伝わってきます。ヒリヒリとする辛味に、硬質なミネラル、シトラスと、ポテンシャルを感じる要素で構成されていますが、表情そのものはストレートかつシンプルな傾向にあり、後味にかけて優しい果実の甘みが伝わることもあって、素直な飲みやすさを感じます。コアの充実感は高いものの、フレッシュで瑞々しい表情の方がより印象的なので、どちらかと言うと肩肘張らずに気軽に飲みたい気分でもあります。

翌日に持ち越すと、果実の甘みが先に落ち着くこともあり、相対的なバランス感覚としてやや右肩下がりに感じる傾向にはありますが、それでもポテンシャルは十分で、変わらず自然に飲み進めることができる浸透性は健在なので、最後の一杯まで高い満足感を維持できるのは確かです。総じて、アルヘイトのワインを嗜む最初の一歩として、素直にお薦めできる一本だと言えそうです。
(2021/05)

参考市場価格4,690円〜4,750円(平均約4,728円)
点数評価95(TA)、93(WS)

ホーム > 南アフリカ > カルトロジー
Home > South Africa > Cartology Bushvines Western Cape

Global Partners