進化と発展を続ける「日本ワイン」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2018 Ajimu Sparkling Wine Shôkôshi & Chardonnay Sec
Ajimu Budoushu Koubou生産者ワインリスト

Ajimu Sparkling Wine Shôkôshi & Chardonnay Sec

山葡萄の交配品種となる「小公子」と、国際品種の「シャルドネ」をブレンドした、スパークリングワインの「赤」という非常に珍しい構成になっています。

色調はやや紫がかった非常に濃厚なタイプで、見た目の印象としては完全に赤ワインといった印象ですが、実際に飲んだ印象も、スティル7:泡3ぐらいのイメージで、スパークリング特有のサッパリとした飲みやすさを保ちながらも、赤ワインらしい充実したボディをストレートに打ち出しているので、かなり飲みごたえのあるタイプに仕上がっています(アルコールも12.5%という数値以上にしっかり感じる)。全体的には山葡萄的な野性味がベースにあり、塊感のある甘みを内包していますが、酸が豊富なことに加え、後味に赤ワイン的なタンニンも感じられるので、甘ったるさは一切なく非常に心地よく飲み進めることができます(バランスはかなり良好)。

安心院ワインらしい良質なスパークリング像と、安心院という土地のテロワール力から来るコアの充実感が想像以上にうまく結実している印象で、一般的に「非ヴィニフェラ種によるやや甘めの泡」と聞くと、どうしても安っぽいイメージを連想してしまいますが、実際にはむしろその逆で、いたって質実かつ良質な印象を受けます。他にはないハッキリとした個性を持つ面白いスタイルの泡なのは確かですが、本質的に高い点数評価を得るようなタイプではなく、それでいて気軽に飲むにはやや高めの価格帯という現実があるので(とはいえ品質に見合った価格ではある)、どちらかというと、飛び道具のようなジョーカー的存在だと言えるかもしれません(かなり面白い存在なので個人的にはお薦め)。
(2021/05)

参考市場価格3,938円〜3,989円(平均約3,961円)
点数評価--

ホーム > 日本 > 大分県 > 安心院スパークリングワイン 赤
Home > Japan > Oita > Ajimu Sparkling Wine Shôkôshi & Chardonnay Sec

Global Partners