偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2020 Bacchus 81 Chardonnay 19
Yamazaki Winery生産者ワインリスト

Bacchus 81 Chardonnay 19

主に甘口や中口で仕上げられることが多いドイツ系品種がこのバッカス。山﨑ワイナリーでは、ワイナリーから一望出来る南斜面の畑で栽培され、樹齢は22年となっています。

色調は以前同様かなり薄くほぼ無色透明に近い印象で、ぱっと見は日本酒と見間違うほどの淡い色調となっています。とは言え、実際に飲むと見た目の印象とは大きく異なり、フレッシュで非常に瑞々しく、爽やかな青リンゴ、梨、仄かな桃などの果実感にシトラスの風味が続き、その後口当たりの良い優しい甘みが続きます。目の覚めるような鮮烈な表情ですが、シャープな酸に刺々しさはなく、心地よい果実感のおかげで非常に魅力的な表情を生み出しています。アルコールも10.5%と低めなので、昼下がりにテラスで気軽に飲めるような、ある種の親しみやすさが最大の魅力でもあります。

今回の2020年ヴィンテージは、バッカスに加えてシャルドネが19%ブレンドされていることの影響もあるのか、全体的にボディの構造に柱となる部分を感じる傾向にあり、親しみやすい明快な美味しさはそのままに、以前よりも質実でポテンシャル系の要素が数段アップしているような印象を受けます。樹齢が上がったことや、造り手の努力の積み重ねといった影響もあるのかもしれませんが、明確に進化した姿を打ち出しつつも、それでいて価格は以前よりも抑えられているというのは、ある意味驚異的と言えるかもしれません。まさに山﨑ワイナリーの本質を知るための最適な一本だとも言えるので、個人的にはこのバッカスをまず最初に飲んでもらいたいところではあります。
(2021/06)

参考市場価格2,200円〜2,508円
点数評価--

ホーム > 日本 > 北海道 > バッカス
Home > Japan > Hokkaido > Bacchus 81 Chardonnay 19

Global Partners