偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2018 Vin d'Alsace Gewurztraminer Cuvée Théo
Domaine Weinbach

Vin d'Alsace Gewurztraminer Réserva

1612年にカプチン会の修道僧によって創設されたのがこのドメーヌ・ヴァインバック。先代「テオ・ファーレル」へのオマージュとして、彼の名が冠されたワインがこの「キュヴェ・テオ」になります。

アタックから、プリッとしたライチの濃密な果実味がストレートに伝わり、その密度感に圧倒されます。以前試飲したレゼルヴとは全く異なる世界観に驚かされますが、ただ甘い果実味が広がるのではなく、そこから渾然一体となったハーブ風味が優しく広がり、すぐさま全体を引き締めるミネラル、そして高いアルコールによるヒリつく辛味が後味へと続き、高い次元で甘味と辛味がバランスする余韻へと導かれます。極甘口系ワインにも通じるような、恐ろしいまでの魅惑的な表情を持っているので、その口当たりの良さも相まってかなりグラスが進む傾向にありますが、実際には14.5%という非常に高いアルコール度数を誇るので、正直、短時間での飲み過ぎには要注意です。

ここまで鮮烈な表情を持ったゲヴュルツというのもあまり記憶にありませんが、単純に分かりやすいだけでなく、同時に非常に高いポテンシャルを有しているということもあり、存在感そのものに圧倒的な訴求力を感じます。とはいえ、明確な個性を持っているが故に、料理と合わせるにはかなりのセンスを必要とするので、サービス面をメインで考えると、扱いとしては難しい部類に入りそうな印象でもあります。
(2021/06)

参考市場価格4,950円〜6,138円(平均約5,423円)
点数評価96(JS)

ホーム > フランス > アルザス > ゲヴュルツトラミネール キュヴェ・テオ
Home > France > Alsace > Vin d'Alsace Gewurztraminer Cuvée Théo

Global Partners