偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2019 Legami Brut Nature Dosage 0
Camel Farm Winery生産者ワインリスト

Legami Brut Nature Dosage 0

2019年は葡萄の出来が良かったこともあり、通常行うドサージュ(補糖)を一切行わず、葡萄本来の持ち味を生かした「ドサージュ・ゼロ」をリリースしています。

セパージュは、レジェント55%、ブラウフレンキッシュ18%、バッカス14%、ツヴァイゲルト5%、ピノ・ノワール4%。いずれも余市町登町にあるキャメルファームの畑で栽培されています。

色調はエクストラ・ドライと同様に薄めですが、仄かに黄色や緑がかった印象を受けます。ヴィンテージのスタイルが出ているのか、2018年のブリュットよりも2019年のエクストラ・ドライに似た世界観で、青リンゴやイーストのニュアンスは感じるものの、基本的にはニュートラルでスッキリとした仕上がりになっています。泡の質感は丸みがあるもののガス感はやや強めで、終始甘さを感じないドライな表情ではありますが、シャンパーニュにおけるドザージュ・ゼロとは異なり、決してシャープ過ぎて飲みにくいというようなことはなく、むしろ純粋な果実味とのバランスが取れているので素直に飲みやすく料理とも合わせやすい印象を受けます。最初の一口だけの印象だと、言われなければ補糖をしてないことに気づかない人もいるかもしれません。こういったバランス感覚の良さは、フランチャコルタの良質なノン・ドゼに近い印象でもあり、ある種、リッカルド・コタレッラの関与がよりポジティブに感じられる瞬間でもあります。

エクストラ・ドライブリュットは、時間とともに甘みの要素が鮮明になる傾向にありましたが、このドサージュ・ゼロは、逆に時間とともによりドライになっていく傾向にあります。抜栓直後は果実味とのバランスが非常に良好で心地よく飲めますが、あまり時間をかけすぎるとシャープな印象が強くなるので、どちらかと言うと抜栓日に飲みきってしまった方がより高い満足感が得られそうな印象でもあります。
(2021/06)

参考市場価格3,069円〜3,300円(平均約3,223円)
点数評価--

ホーム > 日本 > 北海道 > レガミ ブリュット・ナチュレ ドサージュ・ゼロ
Home > Japan > Hokkaido > Legami Brut Nature Dosage 0

Global Partners