偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2019 Villa d'Est Primavera Chardonnay
Villa d'Est Gardenfarm and Winery生産者ワインリスト

Villa d'Est Primavera Chardonnay

長野県原産地呼称管理制度認定ワインで、使用されているシャルドネは、長野県の小諸市、東御市、上田市で栽培されています。2019年の生産本数は僅か3,076本のみ。

ヴィラデストの白ワインの中では少し手頃なポジションに位置していて、新緑を表すプリマベーラと名付けられていますが、その実像は想像するイメージとはかなり異なります。香り、風味ともに、焼酎を想起させる独特のニュアンスがあり、ヒリヒリと全体を引き締める辛味が印象的なスタイルとなっていて、特に抜栓直後はこの傾向が強く、ある種、幅広い層に向けた万人受けするようなスタイルとは真逆にある印象です(ツンとするアルコール感(表記は12%)がやや気になる)。とはいえ、かなり尖ったスタイルではあるもののポテンシャルは高く、クリーンかつ綺麗な質感は、シンプルながらも研ぎ澄まされていることもあり、十分納得出来る水準だと思います。

しかし、翌日に持ち越すと表情が一変、抜栓日に感じられた厳しさは一気に減衰し、内包するエネルギーを放出し終わったかのような佇まいと、なぜか力の抜けたソーヴィニヨン・ブランのような仄かな緑々しさが漂います。当初感じられた意外なポテンシャルの高さが、翌日になると抜け落ちる傾向にはあるのは若干気になりますが、その反面、かなり飲みやすくなるという側面もあるので、この表情の変化は意外とそう悪くないのかもしれません(判断がやや難しい)。
(2021/07)

参考市場価格3,146円〜3,927円(平均約3,354円)
点数評価--

ホーム > 日本 > 長野県 > ヴィラデスト プリマベーラ シャルドネ
Home > Japan > Nagano > Villa d'Est Primavera Chardonnay

Global Partners