進化と発展を続ける「日本ワイン」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2020 Château Mercian Yamanashi Koshu
Château Mercian Katsunuma Winery生産者ワインリスト

Château Mercian Yamanashi Koshu

山梨県全域の畑から造られるベーシックな甲州。熟成はステンレスタンクとオーク樽で約4ヶ月、生産本数は約11万2千本。2020年は暖冬と長梅雨の影響があったものの、梅雨明け以降は好天に恵まれたため、最終的にはバランスの良い葡萄が収穫できたようです。

非常にニュートラルな性質で、どのような食事でも合わせやすそうな中庸さが印象的です。シトラス系の風味が感じられ、その奥に仄かに梨や白桃のニュアンスがあり、一昔前の甲州とは一味異なる程よいボリューム感が好印象です。グリ系らしい仄苦さも良い塩梅で、少し椀子シャルドネにも似た丸みが感じられますが、それでもキレのあるスタイルなので表情が緩むことはありません。

複雑さやポテンシャルで勝負するタイプではないので、純粋な点数評価としてはあまり期待できませんが、それでも非常に良く出来たワインなのは確かで、その高品位な造りで狙ったターゲットに対してしっかりと訴求する、非常に使い勝手の良い内容に仕上がっているので、特に業務店向けとして力を発揮しそうな印象を受けます。ある意味、日本ワインらしからぬコストパフォーマンスの高さが、最大の武器と言えるかもしれません。
(2021/07)

参考市場価格1,463円~2,035円(平均約1,616円)
点数評価--

ホーム > 日本 > 山梨県 > シャトー・メルシャン 山梨甲州
Home > Japan > Yamanashi > Château Mercian Yamanashi Koshu

Global Partners