偉大なる王のワイン「バローロ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2018 Südtirol Eisacktaler (Alto Adige Valle Isarco) Praepositus Kerner
Abbazia di Novacella (Stiftskellerei Neustift)

Südtirol Eisacktaler (Alto Adige Valle Isarco) Praepositus Kerner

イタリア最北に位置するワイン生産者であり、歴史ある修道院や大聖堂を構えるのが「アッバッツィーア・ディ・ノヴァチェッラ」。

今回のキュヴェは、スタンダードなクラシック・ラインよりも上に位置するプレポージトゥス・ラインにカテゴライズされるケルナーで、標高650〜750m、樹齢15〜20年、植樹率6,000本/haで、熟成はステンレスタンクで6ヶ月、瓶熟1ヶ月となります。

ドイツ系品種で、日本でも北海道を中心に栽培されているケルナー(トロリンガーとリースリングの交配種)ですが、想像以上に濃密かつ豊かなボディが印象的で、14.5%という高いアルコールからもわかるように、かなりリッチな部類に入るスタイルに仕上がっています。とはいえ、実際に飲むと思ったよりもヘビーではなく、ミントのようなグリーンのニュアンスに、仄かに漂う優しい白桃やライチの風味が心地よく、ポテンシャル系の要素をベースにしながらも、素直に楽しめる魅力的な表情に仕上がっています。

かなりのエネルギーを内包していますが、それでも翌日に持ち越すと、若干ながらも右肩下がりな傾向にあったので、基本的にはポテンシャル系の世界観ではありますが、それでもピークに到達するまでの潜在的な熟成期間としては、5〜6年あたりを目安にすれば良さそうな印象です。
(2021/08)

参考市場価格3,432円
点数評価94(WE)、92(VAG)、92+(WA)

ホーム > イタリア > トレンティーノ・アルト・アディジェ > プレポージトゥス ケルナー
Home > Italy > Trentino-Alto Adige > Südtirol Eisacktaler (Alto Adige Valle Isarco) Praepositus Kerner

Global Partners