特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

N.V. 496 Winery Cyclo Vinyards Cidre
Cyclo Vineyards Co., Ltd.生産者ワインリスト

496 Winery Cyclo Vinyards Cidre

496ワイナリーの醸造施設が稼働し、初醸造となったシードルが今回の一本。原料となるリンゴは、長野県北佐久郡立科町産(ワイナリーから車で5分程度の距離)の「ふじ」を100%使用。低温でゆっくり醸し、伝統的な瓶内二次発酵で造られています。

ノンフィルターでボトリングされているということもあり、澱はやや多め。上澄み以外は透明度も低く、底の方になるとオレンジがかった色調ではありますが、風味、舌触り、扱い易さ、いずれも一切何の問題もなく、むしろよりしっかりとリンゴの風味が楽しめる分、個人的には大きなメリットとして感じられます。香りは一般的なスパークリングワインに近い印象で、アタックにフワリと優しいリンゴの甘い果実味が感じられ、そこからスッと綺麗に収束していきます。余韻は短めですが、赤系リンゴの風味が心地よく、アフターにかけてのキレのあるドライな口当たりが非常に好印象です。

アルコールは8%でシードルとしてはしっかりしていて、全体的に日本の一般的な日常の食事に合わせやすい印象でもあるので、ビールを飲むような感覚で楽しめる別の選択肢として、大きな可能性を感じる立ち位置になっています。
(2022/01)

参考市場価格1,222円(500ml)
点数評価--

ホーム > 日本 > 長野県 > 496ワイナリー シクロヴィンヤード シードル
Home > Japan > Nagano > 496 Winery Cyclo Vinyards Cidre

Global Partners