特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2020 Cidre Blue
Les Vins Vivants

Cidre Blue

東御市にある自社畑とJAから購入したリンゴを使用。セパージュは晩生種のサンフジが75%、中生種の秋映とシナノゴールドが25%。空圧式のメンブレンプレス機で強い圧力で一気に搾汁。発酵は野生酵母で加温もなし。補糖や補酸も行わず、デブルバージュも行わずにそのまま無清澄、無濾過、亜硫酸の添加もなしで、一次発酵のまま仕上げるアンセストラルで造られています。

無清澄無濾過らしく澱があり、ややにごり酒に近い見た目ではありますが、それでも色調は綺麗で煌びやかな印象です。表情はとにかく終始穏やかで滑らか、そして丸いボリューム感のあるボディが心地よく、鋭さのない柔らかい口当たりが非常に印象的です。インパクトで勝負するようなタイプではなく、自然派のワインと同じように体に染み渡る心地よい優しさが最大の魅力だと言えます。終始自然な造りが徹底されていますが、それでもオフフレーバーなどのネガティブな要素は皆無。しかもリンゴの風味にシャープな要素がなく、優しい甘味はむしろ桃のようなニュアンスもあり、体に浸透していくような心地よさが際立ちます(ロット毎に多少の差はあるものの基本スタイルは穏やかなガス感の辛口仕上げ)。

内山ユニコによるイラストが非常に印象的で、先鋭的でモダンなスタイルの世界観を想像しがちですが、実際には多くの人に訴求する、親しみやすい優しい立ち振る舞いなのが印象的です。まさに日本人向きとも言える世界観で、日常を彩る存在として気軽に楽しみたいところではありますが、残念ながら流通が限られていて、価格もシードルとしては思いの外高い傾向にあるのが惜しいところではあります。
(2022/02)

参考市場価格2,640円
点数評価--

ホーム > 日本 > 長野県 > シードル あお
Home > Japan > Nagano > Cidre Blue

Global Partners