特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2018 Coteaux Bourguignons
Maison Leroy生産者ワインリスト

Coteaux Bourguignons

2011年に誕生した新しいアペラシオンが、この「コトー・ブルギニヨン」。以前あったブルゴーニュ・グラン・オルディネールの代替アペラシオンでもあり、シャブリからボジョレーまで、広大なブルゴーニュ地方の葡萄を自由にブレンドできるというのが最大の特徴です(白の主要品種は、アリゴテ、シャルドネ、ムロン・ド・ブルゴーニュなど)。

一般的なコトー・ブルギニヨンの白には、多くの場合アリゴテがブレンドされていますが、ルロワの場合は「シャルドネ100%」と、単一品種で造られているのが最大の特徴となります。実際の内容に関しても、まさに「王道的シャルドネ像」がストレートに具現化されていて、兎にも角にもバランスのとれたパッケージングの良さが印象的です。程よいボディ、樽風味、果実味、シトラス、酸と、王道的シャルドネ像に欲しい各要素が均一に配置され(これぞ中庸の極み)、最大公約数的なストライクゾーンめがけて投じられているような印象を受けます。逆にいうと、明確な個性やポテンシャルを感じるようなタイプではありませんが、それでもコトー・ブルギニヨンという銘柄でここまでしっかり造り上げてくるというのは、さすがルロワと言ったところかもしれません(価格差通りによりも白の方が好印象な傾向にあり)。
(2022/02)

参考市場価格4,840円~5,280円(平均約5,024円)
点数評価--

ホーム > フランス > ブルゴーニュ > コトー・ブルギニヨン > コトー・ブルギニヨン
Home > France > Bourgogne > Coteaux Bourguignons > Coteaux Bourguignons

Global Partners