特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2016 Izar-Leku Hondarrabi Zuri
Izar-Leku Mahastiak S.L. (Artadi)生産者ワインリスト

Izar-Leku Hondarrabi Zuri

アルタディのオーナー「ホアン・カルロス・ロペス」が、チャコリの生産者「サピアイン」と共に2015年にスタートした新プロジェクトがこの「イサク・レク」。チャコリに使用される歴史ある葡萄品種でもある白葡萄の「オンダラビ・スリ(92%)」、そして黒葡萄の「オンダラビ・ベルツァ(8%)」を使用し、本格的な瓶内二次発酵によるスパークリングワインへと進化させています。

想像以上にガス感がしっかりしていて、力強く豊富な泡を内包していることもあってか(それでも泡の質感は意外とクリーミー)、シャンパーニュ然としていた2015年とは異なり、スッキリとしたクリーンな印象が強く全体的には良質なスパークリング・ワインといった様相を呈しています。もしかするとボトル差が影響している可能性もありますが、基本的には泡の要素がかなり強めな印象です。全体的に、2015年のような長期瓶内熟成を経たような要素は特にないので、複雑なタイプではありませんが、それでも一定量のエキス分はコアに感じられるので、トータルパッケージとしては非常に良好で終始ポジティブな傾向にあります。

2015年とは指向性が異なる仕上がりではありますが、それでも基本路線は同じで、土着品種的な個性よりも王道系のシャルドネスパークリングのような万人受けするスタイルで、コアのエキス分と表層のクリーンな爽やかさのバランスが非常に良好ということもあってか、終始高い満足感が得られる傾向にあります。
(2022/03)

参考市場価格4,580円
点数評価93(GP)

ホーム > スペイン > バスク州 > アラバ > イサル・レク オンダラビ・スリ
Home > Spain > País Vasco > Álava > Izar-Leku Hondarrabi Zuri

Global Partners