特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

N.V. Ratafia Champenois Pinot Noir de Buxeuil
Vincent Couche

Ratafia Champenois Pinot Noir de Buxeuil

コート・デ・バールのビュクセイユを本拠地とする、ビオディナミで栽培を行う造り手が「ヴァンサン・クーシュ」。粘土質石灰土壌や粘土質泥灰岩で構成され、主にピノ・ノワールに向いた土地とも言われるビュクセイユで造られるラタフィアとなります。

ビュクセイユで栽培されたピノ・ノワールの果汁にマールを添加して造られる甘口の酒精強化ワインですが、リッチなバニラ香と一体になった心地良いマールの風味に、遅摘系の甘口ワインを彷彿とさせる豊かな甘みが一体となり、非常に心地良い風味が広がります。まさに食後酒に最適な印象で、一般的なマールとは異なり、アルコール度数が17度と低く抑えられていることが非常にポジティブな印象を受けます。リッチで甘く、同時に後味が重くならずスッキリと心地良いので、食後のデザート感覚で単体でも楽しめるのが大きなメリットだと言えます。一般的にラタフィアは流通量が限られ価格も高価になりがちですが、手頃な価格で良質な世界観を堪能できるヴァンサン・クーシュのラタフィアは、非常に高いコストパフォーマンスを発揮してくれる印象です。
(2022/03)

参考市場価格2,600円〜2,890円
点数評価88(G&G)

ホーム > フランス > シャンパーニュ > ラタフィア・シャンプノワ ピノ・ノワール・ド・ビュクセイユ
Home > France > Champagne > Ratafia Champenois Pinot Noir de Buxeuil

Global Partners