特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2019 Notre Siècle Grande Cuvée
Hirakawa Winery生産者ワインリスト

Notre Siècle Grande Cuvée

全房に加えて除梗と破砕を行ったものも加え、空気と触れさせながらプレスした果汁をステンレスタンクでアルコール発酵。さらに澱と共に10ヶ月間熟成を行なっています(MLFは行わず)。ノンフィルターでボトリング。白ワインながら、最適なサービス温度は16〜19度(常温推奨)とかなり高めになります。

想像していたスタイルとはかなり異なる世界観なのが印象的で、もしかするとボトル差なのかも知れませんが、ピリピリした感覚が舌に伝わる仄かな微発泡感があり、実際にグラスを見ても細かい泡が無数に見られる傾向にあります。抜栓後にしっかり時間を取っても常に泡感がずっと残っていたので、僅かですがボトル内でガスが発生しているような状態のようです(翌日に持ち越しても泡感は残る)。

他の平川ワイナリーのワインとは根本的に異なり、抜栓直後から柔らかく落ち着いた佇まいなのが印象的で、かなり穏やかな物腰ということもあってか、上のレンジに位置するグランド・キュベらしい雰囲気は特に感じられない傾向にあります(むしろ非常に親しみやすい日常感がある)。全体的にはスゴン・ヴァンにも共通するような白系や仄かな黄系のニュアンスも持っていますが、それでも世界観はかなり異なる印象で、最も印象的なのがソーヴィニヨン・ブラン的な爽やかな春を感じるハーブ系の表情が主体となっている点かも知れません。良くも悪くも、素直に楽しめる穏やかな表情を持った親しみやすい白ワインと言った世界観で、圧倒的なエネルギーやポテンシャルを感じる系譜ではないというのがやや気になるところではあります。純粋なコストパフォーマンスとしてはやや分が悪い印象ではありますが、それでもトータルでの印象はそこまで悪くはないので、価格が全く気にならない富裕層における日常ワインとして捉えると、そう悪くはない選択肢なのかも知れません。
(2022/03)

参考市場価格6,050円
点数評価--

ホーム > 日本 > 北海道 > ノートル・シエクル グランド・キュベ
Home > Japan > Hokkaido > Notre Siècle Grande Cuvée

Global Partners