特別特集「シャブリ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
偉大なる王のワイン「バローロ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
新たな潮流「スパークリング日本酒」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2019 Miyoshi Wine Tomoé Chardonnay Shingetsu
Hiroshima Miyoshi Winery Co., Ltd.生産者ワインリスト

Miyoshi Wine Tomoé Chardonnay Shingetsu

広島県三次市で栽培されるシャルドネを使用した、広島三次ワイナリーを代表するキュヴェがこの「新月」。元々は月明かりのない新月の夜に収穫し醸造する「ナイトハーベスト」を実施するキュヴェとして誕生。収量制限し完熟したシャルドネを手摘みで収穫し、全房圧搾、樽発酵、樽内でのMLF、さらにシュール・リーを行い醸造しています。

スッキリとした爽やかな表情は広島三次ワイナリーの他のアイテムとも共通していますが、それでもこの新月は根本的な立ち位置が他とはやや異なる印象です。樽要素は最もしっかり感じる傾向にあり、表情も鮮やかで華やかさに富み、ボディの緻密さや果実そのものの充実感にも一段秀でたものを感じます。いたって明快かつストレートに甘味と旨味が伝わってくることもあり、素直に楽しめる「飲んで美味しいワインの究極系」を目指したかのような雰囲気が漂っています(まさに厳選した葡萄を使用した良質なモダンワインといった印象)。逆にいうと偉大なワインに感じるような存在感や、圧倒的なポテンシャルを誇るようなタイプではなく、ボディそのものもどちらかというと軟質で(骨格などを感じるようなタイプではない)、後味もスッと綺麗に収束する傾向にあるので、不思議と遅摘系の極甘口ワインが持つ独自の風味曲線を辛口タイプのワインでも同じように再現したかのような印象を受けます。

手間暇かけて造られたトップキュヴェということもありますが、それに応じて価格帯が他のアイテムよりもかなり高いというのが唯一気になる点でもあるので(強いて言えば使用されているボトルがセカンドの待月よりも微妙に安っぽいというのもやや気になる印象かも?)、逆にいうと価格を全く気にせず、とにかく一番分かりやすく美味しい三次ワイナリーのワインが飲みたいという層にとってはこの新月が一択といった印象ではあります。ただ、この価格帯だと伝統産地のヨーロッパだけでなく、ニューワールドでもかなり強力なライバルがひしめいているので、一般層に対する現実的な選択肢としてはややハードルが高い印象でもあります。
(2022/04)

参考市場価格5,500円
点数評価--

ホーム > 日本 > 広島県 > トモエ シャルドネ 新月
Home > Japan > Hiroshima > Miyoshi Wine Tomoé Chardonnay Shingetsu

Global Partners