楽天市場「キャンティ・クラッシコ」
楽天市場「山崎ワイナリー」
楽天市場「オレゴンワイン」
------
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」
特別特集「ビンタエ」
紡がれるブルゴーニュの伝説「ルロワ」
特別特集「フリードリッヒ・ベッカー」

- Recommended -

2000 Chianti Classico Riserva Rancia
Fèlsina S.p.A.生産者ワインリスト

Chianti Classico Riserva Rancia

最初の単一クリュ・キャンティと言えば、1982年にアマが「ヴィニェート・ベッラヴィスタ」を、1983年にフェルシナが「ランチャ」を、そして1985年にフォントディが「ヴィーニャ・デル・ソルボ」を造ったことがあげられます。これらはその後の「クリュ指向」という流れを作ったワイン達であり、まさに「単一畑によるキャンティ・クラッシコの礎」を築いたワイン達だとも言えます。

2000年ヴィンテージのランチャは、2004年度版ガンベロ・ロッソで最高評価のトレ・ビッキエーリを獲得していますが、決して絶対的な内容を誇っているのではなく、キュートで丸い果実味とサンジョヴェーゼらしい活き活きした酸が相まった纏まり感あるスタイルとなっています。

リゼルヴァとは思えないほど外向的な表情が印象的で、樽的な力感はほとんど感じられず、特に抜栓間もない時は魅力的な果実味がより印象強くなっています。ただし、翌日に持ち越すように時間をしっかり与えた場合は、徐々に収斂したタンニンが滲み出てくる傾向にあったので、現時点では素直に楽しめる抜栓日に飲みきってしまう方が楽しめるのかもしれません。

まだ4年強しか経過していませんが、現時点で既に魅力ある表情と構造の纏まりをみせており、サンジョヴェーゼの資質をしっかり堪能できる良質な世界観を披露してくれます。まさに「元祖クリュ・キャンティ」といえる良質なアイデンティティを楽しむにはちょうどよい懐具合なので、試してみる価値は大いにあると思います。
(2005/03)

参考市場価格:3,500円
点数評価:94(VAG)、91(Fa)、90(WS)、88(W&S)、87(WE)

ホーム > イタリア > トスカーナ > キャンティ・クラッシコ > キャンティ・クラッシコ リゼルヴァ ランチャ
Home > Italy > Toscana > Chianti Classico > Chianti Classico Riserva Rancia