ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Recommended -

2003 Casalferro
Barone Ricasoli生産者ワインリスト

Casalferro

自社畑の葡萄で造られるカステッロ・ディ・ブローリオとは異なり、カザルフェッロは買い葡萄で造られるネゴシアン系のワインとなっています。真のグラン・ヴァンを目指すカステッロ・ディ・ブローリオとは異なり、カザルフェッロの方はあくまでも「常人向け」と言われています。

最初の一口で驚かされるのがその「タンニン」。ゴリゴリした無骨さに強い渋みが伴っているので、今飲むにしてはやや抵抗がある程のタンニン力だと言えます。2003年らしくジャム的な果実感や高いアルコール風味も感じますが、体質そのものが丸く柔らかいので、強いタンニンに反して比較的優しい表情をみせてくれます(ダレはまったくない)。

かなりのポテンシャルを有しているものの、各要素のエネルギーや方向性にムラがあり、それらをなんとかうまく纏めようと四苦八苦しているような印象を受けるので、最終的には「バランスの問題」が最大の難関になってくると思います。すべてのピースがガッチリはまれば大化けする可能性もありますが、良くも悪くも随所に2003年らしさが見て取れるので、現時点では奇麗に成長することを祈って、とりあえず2~3年程度はセラーで寝かせて様子を伺うことをお勧めします。

過去のヴィンテージを通じてカザルフェッロを頻繁に堪能してきた人であれば満足できる内容だと言えますが、今回が初カザルフェッロという場合は全貌を掴みきれないと思うので、そういう場合はより飲み頃感のある2000年2001年を選択する方が無難です。
(2008/03)

参考市場価格3,559円~4,305円(平均約3,963円)
点数評価93(V)、91(WS)、88(LM)、84(W)

ホーム > イタリア > トスカーナ > I.G.P. & I.G.T > カザルフェッロ
Home > Italy > Toscana > Indicazione Geografica Protetta & Indicazione Geografica Tipica > Casalferro

Global Partners