ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Good Quality -

2005 Chianti Classico
Azienda Agricola Fontodi S.S.生産者ワインリスト

Chianti Classico

フォントディキャンティ・クラッシコは、パンツァーノにある自社畑の「コンカ・ドーロ」で穫れるサンジョヴェーゼで造られます。使用される葡萄は自然な栽培方法がとられ、アリエ産とトロンセ産のバリックで12ヶ月間熟成されます。

約1年ぶりとなるフォントディの2005年キャンティ・クラッシコですが、飲みやすかった前回とは大きく異なり、サンジョヴェーゼらしい酸味とゴリゴリとした無骨なタンニンがベースに鎮座する、いたって骨太なキャンティ・クラッシコ像が打ち出されています。

一瞬、赤系のキュートな果実味が垣間見える時もありますが、すぐにそれらを飲み込んでしまう強固なタンニンが印象的で、表層の滑らかさによって多少相殺されはしますが、口の中が痺れる程の含有量を誇っているので、潜在的な面を考慮すると3~5年程度は寝かせておきたい印象を受けます。すぐに飲んで楽しめた1年前とは180度逆の印象ではありますが、あくまでも「位相が変わった」という傾向にあり、本質的に兼ね備えた要素そのものはそれほど大きく違っているわけではありません。豊かなタンニンが体躯を支える安定感構築にとどまらず、より積極的に前に出始めていることもあるので、こういった指向性が顕著に現れた場合は、無理せずに十分な時間を与えてやった方が良い結果が得られそうです。

やや飲み手を選ぶ内容に変化した印象ではありますが、本質的なキャンティ・クラッシコの姿がしっかり具現化されているのは確かで、どことなく1999年のロッカ・グイッチャルダに相通じるものも感じるので、質実かつ剛直なスタイルが好みであれば思いのほか高い満足感が得られそうです。
2008/04、2009/03)

参考市場価格2,573円~2,900円(平均約2,710円)
点数評価88(IWC)、88(WS)、87(V)

ホーム > イタリア > トスカーナ > キャンティ・クラッシコ > キャンティ・クラッシコ
Home > Italy > Toscana > Chianti Classico > Chianti Classico

Global Partners