ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ジュヴレ・シャンベルタン
白ワインの聖地「フリウリ」
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
進化と発展を続ける「日本ワイン」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2005 Chianti Classico Castello di Fonterutoli
Mazzei生産者ワインリスト

Chianti Classico Castello di Fonterutoli

2005年のセパージュは、サンジョヴェーゼ90%にカベルネ・ソーヴィニヨン10%。サンジョヴェーゼは70%新樽のフレンチオークバリックで16ヶ月、カベルネ・ソーヴィニヨンは70%新樽のフレンチオークバリックで18ヶ月熟成し、ボトリング後8ヶ月の熟成を経て出荷されます(生産本数は8万本)。より作柄に恵まれた2004年と2006年に挟まれたことで、やや地味な印象を受ける2005年ですが、逆に言えばこのヴィンテージ特有のスタイルをしっかり吟味することで、より高い満足感が得られるとも言えます。

案の定、抜栓直後はややかたく素っ気ない表情で、多少閉じ気味な雰囲気もありますが、それでも時間とともにゆっくりと昇華し続けてくれるので、まずは焦らずじっくり向き合うことをお勧めします。他の2005年のワインと同様にやや陰な傾向にありますが、決して近づき難いような立ち振る舞いではなく、己の個性をどう表現すれば良いかがまだ定まりきっていないといった類いのものなので、飲み手が積極的に理解し誘ってやることでより良い表情や世界観を構築してくれると思います。

良質なヴィンテージや造り手の力量が存分に発揮されたときに表れる凄み、そして高みを目指す崇高な世界観といったものが披露されることはありませんが、全ての要素に秀でるバランスの良いヴィンテージとは違い、多少尖っている傾向にある方が本来葡萄の持つ力やテロワールの存在力など、不足する要素に立ち向かうポテンシャル(底力)をより強く感じることが出来るので、結果的にその世界観を容易に受け入れられることもあります。果実味が大人しく、思いのほか酸が豊富で人工的コアを内包しているような質感ではありますが、抜栓後2日目、3日目と、多くの時間を与えることで当初とは異なる姿となり、徐々にその個性と美点が明確になる傾向にあるので、根本的なスタイルを前向きに捉えることが出来さえすれば、その格に見合うだけのものは十分堪能できると思います。
(2009/12)

参考市場価格4,935円~7,665円(平均約5,862円)
点数評価90(V)、90(WA)、88(WS)、85(LM)

ホーム > イタリア > トスカーナ > キャンティ・クラッシコ > キャンティ・クラッシコ カステッロ・ディ・フォンテルートリ
Home > Italy > Toscana > Chianti Classico > Chianti Classico Castello di Fonterutoli

Global Partners