楽天市場「バローロ」
楽天市場「シャンパーニュ」
楽天市場「ドメーヌ・ルロワ」
------
偉大なる王のワイン「バローロ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
進化と発展を続ける「日本ワイン」
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
ジュヴレ・シャンベルタン
特別特集「シャブリ」

- Good Quality -

2015 Kumeu River Maté's Vineyard Chardonnay
Kumeu River Wines Limited

Kumeu River Maté's Vineyard Chardonnay

ユーゴスラビアから移住してきた「ブラコヴィッチ・ファミリー」によって1944年に設立されたのがこの「クメウ・リヴァー」。ワインメーカーでもある長男のマイケルは、ニュージーランド初のMW(マスター・オブ・ワイン)としても有名です。

ブラコヴィッチ・ファミリーは1944年3月に葡萄園を購入しましたが、1990年になってその敷地内にシャルドネを植樹。そしてマテの死後となる1993年3月に初めて葡萄を収穫し、翌1994年の11月、クメウ・リヴァーの50周年を記念してこの「マテズ・ヴィンヤード」をリリースしています。

クメウ・リヴァーのフラッグシップとも言えるシャルドネがこのマテズ・ヴィンヤードですが、隣接するハンティング・ヒルとはかなりスタイルが異なり、より品位を前面に出した凛とした立ち振る舞いが印象的です。より明確なミネラル感に、爽やかな草原を彷彿とさせるような清涼さ(若干ソーヴィニヨン・ブランっぽい印象も?)、そして胡桃のようなニュアンスと、ハンティング・ヒルのリッチな果実味とは対象的に、より落ち着いた表情が主体となっています。

クオリティそのものはほぼ同等の水準にありますが、ハンティング・ヒルは分かりやすい美味しさを持っているのこともあってより一般層向けな印象で、逆にマテズ・ヴィンヤードはどちらかというとワインを飲み慣れた層向けの印象でもあります。
(2018/09)

参考市場価格:6,728円〜7,970円(平均約7,081円)
点数評価:96(BC)、94+(WA)、94(WE)、94(WR)

ホーム > ニュージーランド > クメウ・リヴァー マテズ・ヴィンヤード シャルドネ
Home > New Zealand > Kumeu River Maté's Vineyard Chardonnay