進化と発展を続ける「日本ワイン」
ジュヴレ・シャンベルタン
偉大なる王のワイン「バローロ」
ニュージーランドを牽引する日本人生産者
キャンティ&キャンティ・クラッシコ
大地の恵みと多様なテロワール「エトナ」
白ワインの聖地「フリウリ」
特別特集「ニュイ・サン・ジョルジュ」
特別特集「シャトー・カロン・セギュール」
特別特集「フェルトン・ロード」
特別特集「モレ・サン・ドニ」
特別特集「シャブリ」
楽天市場「バローロ」
楽天市場「バルバレスコ」
楽天市場「パウエル&サン」
------

- Very Good Quality -

2018 Huilkrans Citrusdal Mountain
Alheit Vineyards生産者ワインリスト

Huilkrans Citrusdal Mountain

2017年がファーストヴィンテージとなる新しいキュヴェ。アフリカーンス語で「涙する崖」という意味を持つこの「ハイルクランス」は、畑にそびえる崖の名前でもあります。標高は450m、赤い砂岩土壌で、1974年と1983年に植樹された単一区画の畑となります。

キレのあるスッキリとしたシャープな佇まいはファイヤー・バイ・ナイトと同等ですが、一段集中力が増している傾向にあり、素直にその世界観に引き込まれます。揺るぎのないミネラルがコアに鎮座しているものの、険しさや難解さは皆無で、驚くほど自然に受け入れることができます。ボディはタイトに纏まっているものの、その内部は緻密かつ重層的で、グリーン系の多様なハーブに豊富な酸、そして岩塩、蜜、グレープフルーツ、仄かな黄桃やマンゴー(非トロピカル)など、思いの外多彩な要素で占められています。抜栓翌日になるとポテンシャルが更に開花する傾向にありますが、それでもマジョリティ向けのストレートな魅力を持つスタイルは継承されているので、終始素直に楽しむことができるのもポイントの一つです。

相対的にやや価格が高い傾向にあるので、気軽に試せる価格ではないのが残念なところではありますが、それでも親近感あるその表情の奥には、このクラスに相応しいだけの存在感とエネルギーが込められているのは確かなので、最終的には相応の満足感が得られるのは間違いありません。南アフリカのスカーフバーグという地が放つ独自性と潜在能力を、もう一つの単一区画ワインでもあるマグネティック・ノースとともに、ぜひ嗜んでもらいたいところではあります(どうしてもどちらかを選ばなくてはいけない場合は、2018年に関してはこのハイルクランスの方がお薦めしやすい印象かも?)。
(2021/05)

参考市場価格9,400円〜10,500円(平均約9,765円)
点数評価97(TA)

ホーム > 南アフリカ > ハイルクランス
Home > South Africa > Huilkrans Citrusdal Mountain

Global Partners